ルテイン不足になりやすい

MENU

ルテイン不足になりやすい

 

ルテインの一日必要量は『6mg』と言われています。
でも、ルテインの一日必要量とされる6mgを摂取しても、実際に目まで届くルテインの量は6mgに満たない数。
つまり、体内に6mgを摂取しても、実際に6mg丸々吸収されることはないってことです。
そのため、実際にはルテインが1日に必要となる量は、6mg以上になるのが現実です。
一般的には、6mgの条件をクリアするために、10mgくらいルテインサプリメントを飲んでいることが多いです。
サプリメントの方が、目への吸収率を良くする工夫がされているので、食品から摂取するよりも、やはり効率が良いというのがあります。
そして、ルテインのサプリメントを飲む場合、一番気を付けないといけないのが、キク科のアレルギーを持っている人です。
というのも、現在販売されているルテインサプリメントの多くは、マリーゴールドを使用したサプリメントが多いからです。
原材料にマリーゴールドが使用されているということは、マリーゴールドはキク科に属しているので、キク科アレルギーの人にとっては、危険な食品になってしまうのです。
マリーゴールド以外を使用したルテインサプリメントとなると、化学合成されたルテインサプリメントしかないので、今度は副作用の可能性が出てきます。

 

 

ルテインの一日必要量は?

 

ルテインの一日必要量は、6mgとされていますが、実際には販売されているルテインのサプリメントでは10mg〜20mgくらいの配合量になっています。
10mg〜20mgなんて、ルテインの一日必要量の2倍くらいに相当するけど、過剰摂取にならないのか、心配になる人もいるかもしれません。
ルテインサプリメントに含まれているルテインの配合量は、確かにルテインの一日必要量よりも、多くのルテインを含んでいます。
しかし、ルテインっていうのは、6mgを摂取しても、実際に目に届くルテインは6mg以下になってしまうのです。
目にまでしっかり届き、吸収されるルテインの量を考えると、6mgだけの摂取では、ちょっと足りなくなってしまう可能性が高いのです。
有効成分が、その力を十分に発揮するためには、『量』が必要となります。
力を発揮するために必要となる量が、そもそも不足してしまうと、ルテインを摂取している意味がなくなってしまいます。
そのため、必要量とされている6mgを割らないようにするためには、やはりちょっと多めの10mg〜20mgを摂取している方が、確実に目に必要量を届けることが出来ますので安心感があります。
なのでサプリメントは必要量も多くのルテインが配合されているのです。