ルテインの理想の摂取量

MENU

ルテインの理想の摂取量

 

ルテインは一日10r〜20mgを摂取するのが理想だと言われています。
一日に必要になるルテインの摂取量は本当は6rらしいですが、実際に目に届く量は少なくなるので、10rくらい摂取した方が良いと言われています。
ルテインを効率よく摂取するためには、基本的には、脂分と一緒に摂取した方が良いと指摘されています。
というのも、ルテインは脂溶性といって、脂分に溶けやすい特徴があります。
それだけに、脂分と一緒に摂取した方が、効率良く有効成分を体内吸収できるそうです。
なので、脂分を多く使用した夕飯後などは、ルテインの摂取には良いタイミングだと言われています。
ただし、寝る前にルテインを飲むのも、起きている時に優先的に栄養が送られなかった場所にも、十分に栄養が行き渡るようになるので、効率が良いと言われています。
個人的には、寝る前の方が、飲み忘れが少ないかなって思います。
外食などが多い人は、夕食後って、友達と話に夢中になっていたりすると、やっぱりサプリメントを飲むことを忘れてしまいます。
それだけに、ちゃんと忘れないで飲む時間というと、やっぱり就寝前の方が、確実なのかなって思います。
まあ、自分が一番飲みやすいタイミングで良いと思いますけどね。

 

 

国産のルテインのサプリメント

 

国産のルテインのサプリメントを見ていると、大体一日の摂取量を10rとしているケースが多いですね。
本当は、ルテインの必要量は6r程度でも良いと言われていますが、体内に吸収されるまでに、どんどんとルテインの量が減ってしまうようなので、一日の必要量よりもちょっと多めのルテインを摂取した方が良いそうです。
ルテインは人間だけではなく、最近はペットへもサプリメントを使っている人が多いですしね。
猫や犬も、やっぱり老化って、最近は悩みの種!
食事が良くなり、大切に育てられている犬猫が多いし。
おまけに医療も進歩しています。
昔に比べて、20年以上生きるケースも増えています。
20年も生きていると、動物の年齢では、もう100歳とか、大往生の世界ですからね。
当然、足腰が弱くなることもありますし、目立って見えなくなってくることもあります。
犬も緑内障になったりすることはよくあります。
猫は家の中で気ままに過ごすのが楽だからまだ良いですが、散歩が好きな犬が緑内障とかになってしまうと、目が見えなくなってしまい、本当に歩行障害で可哀そうになってしまいます。
犬でも、緑内障の手術ってありますが、やっぱり医療費もそれなりにかかりますので、ルテインで予防できれば一番ですね。