ルテインサプリ

MENU

目に良いと言われるルテインサプリとは?

 

年齢を重ねるにつれて、何かれか多くの人は目にトラブルを抱えるようになるそうです。これが、かすみや老眼くらいなら良いのですが、物がぼんやりと霞んで見える白内障、視野が狭くなる緑内障、視界に糸くずや蚊のようなものが動いて見える飛蚊症、視界が歪んだり欠けたりして見える黄班変性症など、本格的な病気に発展することも少なくないのだとか。

 

しかし、これもある程度は仕方ないそうです。なぜなら、人間の体は加齢に伴い細胞が衰えるせいで酸化していくもので、それは目も例外ではないからです。具体的には、網膜や水晶体が酸化すると、上記のようなトラブルが起こるようになるそうです。しかし、ある成分を毎日摂取すれば、そのリスクを下げられるみたいです。

 

それは、ルテイン。天然の色素であるカロテノイドの一種で、高い抗酸化作用を有す関係上、網膜や水晶体の酸化を防いでくれるそうです。ただ、ルテインは人間の体内で生成される栄養素ではないため、サプリメントで体外から補充する必要があります。

 

そのため、最近ではルテインのサプリメントも多く出回っていますが、合成系のものだと吸収率が悪く健康にも良くないため、買う際は天然系のものを選んだ方が良いそうです。

 

 

飛蚊症を予防してくれるルテインとは? 

 

視界に糸屑や小さな影、後は蚊みたいな小さな虫がいるように感じる、飛蚊症。主な原因は、水晶体や網膜の酸化だそうです。そのため、ある程度高齢になってから患うパターンが多いのだとか。しかし、場合によっては網膜剥離の症状のケースもあるため、飛蚊症の症状が出たら念のため1回は眼科に行った方が良いみたいです。

 

となると、飛蚊症もならないに越したことは無いんですね。では、これを予防するにはどうすれば良いのでしょうか?調べたところ、水晶体や網膜の酸化を和らげてくれる成分があると分かりました。それは、ルテイン。強い抗酸化作用を有す、カロテノイドの一種だそうです。

 

ただ、ルテインは人間の体内で生成される栄養分ではないため、意識的に体外から補充する必要があります。そのため、キャベツやケールを食べるのが健康番組などでよく推奨されるそうですが、実際のところ、それだとあまり効率的ではないそうです。

 

なぜなら、ルテインが豊富と言われるホウレン草やケールでも、100gにつき10mg程度しかルテインが含まれていない一方、飛蚊症などの予防効果を期待するには最低でも1日20mgはルテインを摂取する必要があるからです。そのため、本格的に飛蚊症を始めとする目の病気を防ぎたい場合には、サプリメントでルテインは摂取すべきとのことでした。

 

 

ルテインを多く含む食品とは?

 

目の健康に良いと言われ、ここ数年で注目を集めている栄養素、ルテイン。天然色素であるカロテノイドの一種で、人体だと主に水晶体や網膜に多く含まれているそうです。そのため、意識的にルテインを積極的に摂取すれば、水晶体や網膜の酸化が原因で生じる白内障や緑内障、老眼といった目のトラブルを、軽減したり予防できたりするのだとか。

 

しかし、残念なことにこのルテインは、人間の体内では生成されない栄養素です。そのため、意識的に体外から補充しなければ、すぐ不足しがちになってしまうんです。では、ルテインはどんな食品に多く含まれているのでしょうか?調べたところ、よく食べる野菜も色々と挙げられていました。

 

例えば、ホウレン草。100gにつき12mgもルテインが含有されているのだとか。目のトラブルを防ぐには、毎日20mgのルテインが必要と言われていますが、ホウレン草なら意外と簡単にクリアできそうですね。ルテインは熱に強い関係上、加熱処理してもその含有量は変わらないですから。

 

また、キャベツの仲間であるケールには100gにつき8mg、クレソンには5mg、レタスやブロッコリーには2mg程度含まれているため、ルテインを意識的に摂ると言っても食事のメニュー偏る心配も無いみたいです。ルテインを多く含む食品って、意外と身近に色々あるんですね。

 

 

ルテインが含まれた食べ物は身近に多いけど… 

 

近年は、パソコンやスマホ、様々なタブレット端末が広く行き渡っているため、1日の内のほとんどは、目は可視光線に晒されているそうです。そのため、高齢になって目のトラブル、具体的には老眼や霞み、白内障、緑内障などに悩まされる人が年々増えているのだとか。

 

なぜなら、それらの目のトラブルは、主に目を構成する網膜と水晶体の、可視光線による酸化が原因となっているからです。しかし、可視光線を浴びないようにするというのは、現代においてはまず不可能です。そこで、何か別の対策がないか探してみたところ…ルテインというカロテノイドが良いと分かりました。

 

具体的には、このルテインは高い抗酸化作用を有すため、網膜や水晶体の酸化を軽減したり防いだりしてくれるとかで。ただ、ルテインを食品から摂取するのは、中々に大変です。なぜなら、ホウレン草やケース、クレソン、レタス、ブロッコリーなど、身近にもルテインが含まれた食べ物はあるものの、1日の必要量20mgを充たすにはどれも不十分だからです。

 

確かに、ルテインが摂れるからと言って、毎日そればかり食べるのだと他の栄養が不足してしまいますからね。そのため、ルテインはサプリメントにお世話になるのが現実的とのことでした。

 

 

 

ルテインと亜鉛は一緒に摂ると良い!

 

眼圧が上がって視神経が圧迫されることで、視野が狭くなってしまう緑内障。中高年の人にとっては結構ありふれた病気ではありますが、進行はとてもゆっくりで病状が悪くなるまで気付かない人も多いそうです。そのため、気付いた時には片目の視界が半分以上も失われていた、というケースも少なくないのだとか。

 

しかし、最近ではその緑内障を予防したり改善したりするのに良いとして、ある栄養素が注目を集めています。それは、ルテイン。自然界に存在する色素であるカルテノイドの一種で、人体の網膜や水晶体に多く含まれているそうです。そして、これを積極的に摂取すれば、網膜や水晶体の酸化を和らげることで、緑内障を改善したり予防したりできるんです。

 

また、緑内障を既に発症してしまっている人は、一刻も早くルテインの効能を得たいところです。その場合は、亜鉛を一緒に摂取することが推奨されるそうです。なんでも、詳しい因果関係はまだ解明されていないものの、ルテインと亜鉛はとても相性が合うため、一緒に摂取すれば高い相乗効果が見込めるのだとか。

 

ただし、亜鉛が豊富に含まれている食品は、牡蠣や煮干し、豚レバー、松の実などあまり身近なものではないため、サプリメントで摂取するのが一番確実とのことでした。

 

 

 

ルテインをサプリメントに頼るならアレルギーに注意!

 

ルテインを含む食品は、身近にもたくさんあると言われています。具体的には、ホウレン草やケール、カボチャ、アスパラ、トウモロコシなどが挙げられていました。確かに、これなら毎日でもスーパーにお手頃価格で並んでいますから、ルテインを食事で賄うとしても、メニューが偏らずに済みそうですね。

 

しかし、目の健康のことを考えた場合、最低でも1日20mgはルテインを摂らなければいけません。しかし、先述した食品の中で100gにつきルテインが10mg以上含まれているのはホウレン草のみで、後は5mg以下なのだとか。そのため、ルテインは食事ではなくサプリメントで補うようにした方が現実的だそうです。

 

ただ、ルテインのサプリメントには、注意しなければいけない点があります。それは、アレルギー。なんでも、ルテインのサプリメントを飲んだ後、目の痒みや腫れ、咳や喘息、胸焼けなどのアレルギー症状が出たという報告が、一定数あるのだとか。

 

しかし、これはルテインのサプリメントの中でも、石油を原料として作られた合成ルテインを主成分とするタイプのものに限られるみたいです。そのため、天然系のルテインが配合されたサプリメントなら、ルテインそのものにアレルギーを持つとかではない限りは、何の心配も無いそうです。

 

 

青汁でルテインも摂れる!

 

ルテインが豊富に含まれている代表的な食品として、よくケールが挙げられています。しかし、ケールというのを実際に見たことがある人は、どれくらいいるのでしょうか?一応、キャベツの仲間だそうですが、残念ながらスーパーに並ぶことはあまり無いマイナーな野菜みたいです。

 

となると、入手すること自体まずは難しいということになりますね。これには、ケールは苦みが強いため、食材に向かないということも関係しているそうです。しかし、ケールには100g辺り8mgものルテインが含まれているため、食品でルテインを補充したいならやはり外したくないところです。

 

そこで、何かケールを安定的に摂取する方法がないか探してみたところ、ある健康食品がうってつけだと分かりました。その健康食品とは、青汁。なんでも、青汁はケールを原料としているものも多いのだとか。あの苦くて不味い味の原因は、ケールにあったんですね。

 

ただ、最近では青汁も多くの人が飲めるよう多少改善はされているため、毎日飲んでもそこまで苦ではないレベルの味のものも色々あるそうです。そのため、目の健康のために毎日安定的にルテインを一定量摂取したい場合は、青汁を飲むようにすると良いみたいです。